素敵な人生を送るために、やめるべきこと

何をやめるかが重要

人生を豊かにするために、新しく何かを始めることは大切だ。新しい趣味を始めたり、新しい人脈を作ったり、新しいことを勉強したり…。

しかし、何かを始めることと同じくらい大切なのが、何かをやめることだ。何をやめるかによって、その人の生き方が変わる。

そこで、オススメする「やめるべきこと」を紹介する。

「他人の評価を気にすること」をやめる

他人は人を評価することが大好きだ。しかし、そんなものに振り回されてはいけない。「あの人どう思っているだろう」「悪く思われているかも」といったことを気にしたことろで、何も状況は変わらない。

他人に何を言われようと、あなたの人生はあなたのものだ。何事も自分で判断し、自分で決断すればいい。

あなたに意見してくる人は、あなたの人生に責任を持ってくれるか?答えがNOなら、その人の意見より自分の価値観を優先するべきだ。

「失敗を恐れること」をやめる

失敗とは成功しなかったことではなく、挑戦を諦めることだと思った方がいい。つまり、上手くいかなくても挑戦し続けていれば、失敗はしていない。上手くいかない方法を学んだだけだ。その積み重ねの上に成功がある。

失敗したということは、成功に一歩近づいたのだ。失敗は恐れるものではない、むしろ喜ばしいことだ。

「持っていないものを数えること」をやめる

「フェラーリが欲しい。だから、頑張って稼いでやる」こういうポジティブな憧れは、行動の原動力になるのでオススメする。しかし、「自分にはアレがない、コレもない。あの人は持ってるからいいな」と無いものを人と比較してネガティブになるのは、やめよう。

実は忘れているだけで、多くのものを手にしているはずだ。今までに手にしたものを書き出してみよう。そして、自分の今の幸せに気付くべきだ。

幸せは人と比較するものではない。