悩みや不安を感じる理由

悩みや不安を感じるのは、自分を守るため

多くの人は、普段の生活の中で悩みや不安を感じることがあると思う。その原因のひとつは、自分を守るためだ。

例えば、「自分は内向的だ。もっと明るい性格になって、多くの人とコミュニケーションをとりたい」と悩んでいたとする。その悩みの原因は、「上手くしゃべれなくて、変な人だと思われるのが怖い」という、自己防衛本能による場合が多い。

変な人だと思われるくらいなら、最初からコミュニケーションをとらずに、内向的でいた方がダメージが少ないと判断しているのだ。

悩みや不安の原因を分析する

客観的に悩みや不安の原因を分析してみよう。そして、自分を守るために悩みや不安を感じているのなら、そこまでして守る必要があるのか判断しよう。

多くの場合、ただのプライドに過ぎないだろう。

前述の例では、「変な人だと思われる事」と「自分は内向的だと言う悩みを持ち続ける事」と、どちらがより不都合なのか考えれば良い。

そうすることで、悩みや不安を客観的に見ることができ、合理的な解決策を導きやすくなる。